乳首がかゆい時には!乾燥対策を行ってみよう

 

乳首にかゆみを感じてしまうときには、お肌の乾燥対策を行ってみましょう。

寒い季節になると、お肌全体が乾燥しやすくなってきます。それは、肌を露出しやすい腕や足だけではなく、服に隠れている乳首も同様です。乳首は、乾燥に影響を受けやすく、その結果刺激を感じやすくなってしまいます。乳首がかゆい悩みを感じている人は、乾燥対策を行ってみてください。

まず、乳首の乾燥は保湿を行うことで改善することが可能です。その一つとして、保湿効果の高い入浴剤を使ってみましょう。

入浴剤の中には、お肌に潤いを与えてくれる成分を濃縮して配合しているものもあります。ヒアルロン酸やセラミドなど、お肌の奥の水分量を保ってくれる入浴剤を使うだけでも、乳首の乾燥を改善しやすくなりかゆい状態も落ち着いてきます。

軽い乾燥の場合には、入浴剤を変えるだけでも効果を発揮してきますが、乾燥が酷い時には更なる対策が必要です。

お風呂から上がった後には、保湿クリームを乳首に塗り込むことで、かゆみを感じにくくなってきます。保湿クリームには、入浴剤よりも多くの保湿成分が入っており、使用すれば早い段階で乾燥を解消しやすくなるのです。クリームを選ぶ際にも、ヒアルロン酸やコラーゲンなど、保湿効果の高い成分が配合されていることを重視してみましょう。

また、クリームを使う時には浸透の良いものを選んだほうがベストです。乳首は下着に擦れやすくなっているため、浸透性の悪いものを使ってしまうと、お肌の奥に浸透する前に下着に付着してしまいます。クリームを購入するときには、べたべたせず浸透性の良いものを購入するとよいです。”

なぜダイエットをするとバストから痩せるの?

バストが痩せる原因は胸の組織と形にあります。触れたときの柔らかさから分かるようにバストの大部分は脂肪で出来てています。また、胸を支える大きな胸筋があります。

運動の場合、綺麗に突き出たバストは必然的に揺さぶられることにより動きます。この振動は脂肪をより燃やしやすくします。運動によってまず痩せます。また、乳脂肪は身体でも体重を減らしやすいという特徴があります。減って欲しいお腹は真逆で、落ちにくいのです。

ですからバストが痩せるというのはダイエットをするとある程度仕方のないことですが、できるだけ痩せないようにする方法はあります。

食事の内容でバストが痩せるのを防ぎましょう。

バストの栄養補助食品として大製品をよく食べてみてください。バストをより大きくするために働くホルモンが活性化します。成分として含有されるイソフラボンというのがバストを大きくさせる女性ホルモンです。この構造はエストロゲンと非常によく似ています。大豆イソフラボンは体に入るときエストロゲンに似た働きをしてバストを大きくするために働きます。

ダイエット中であろうとなかろうと大豆は炭水化物と脂質が少なく、多くのタンパク質を含んでいるので、積極的に食べることがおすすめです。

女性ホルモンを刺激することによってバストが痩せるのを防ぎましょう。

さらに、キャベツは、女性ホルモンを促進します。バストを大きくする効果があり、ホウ素というのが大豆と同様に、エストロゲン分泌に役立つのです。キャベツの場合、炭水化物や脂質はほとんどないですから、ダイエット中でも完璧な食べ物です。

運動で大胸筋を訓練するのも不可欠です。

大胸筋はバストの大きさを維持するのに役立ちます。大胸筋をトレーニングすることによってバストのたるみを防ぎ、垂れずに上を向いているバストを保てます。同じサイズであっても、大きく見える効果が有ります。上向きのバストを得るには毎日少しずつトレーニングしてください。